03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

三越百貨店の逆戦略 限定高級品

2009年04月28日


4月15日の日経MJに掲載されておりました三越の記事からです。

低価格化が進む百貨店事業の中で、高級ブランドと企画したオリジナル商品で
販売拡大を企画という内容でした。

・スタイルキャンペーンと銘打ち、バイヤーが各ブランドやデザイナーと企画した
限定のウエアや雑貨・食品などを販売するものです。

一例では約33万円の「ドルチェ&ガッパーナ」の企画ドレスや、1,000円~の食品
などをラインナップしました。

商品の企画に半年を使い、様々な要素の検討を続けたようです。
次回は秋に同じ企画を開催する予定とのこと。


今まで定価販売を続けていたコンビニが、なんと安売り展開を打ち出してまいりま
した。完全にスーパー等とは棲み分ける展開でしたが、いよいよという感じです。


ローコストに敏感なこの時代、ユーザーに対して百貨店はもちろん様々な業態が自社
ブランドなどで低価格を進めています。

しかし、三越というブランドを考えると、低価格は合わない気がします。
三越ではPBは逆に縮小する方向」ということで、他社とは戦略が違います。

ブランでイングを含めて(価値)を売ることを最優先に考えていることが分ります。


百貨店が安売りのイメージであったら、百貨店という業態は必要なくなる可能性も
あるかもしれません。

安いことは、価格だけではなくサービスも含めた価値で判断される場合もあります。
価値を創造し、販売する努力もとても重要と思います。

販促・マーケティング | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »